広南病院

文字サイズ

  • 標準
  • 大
  • 特大
検索 交通のご案内

トップページ>>病院のご案内>>脳血管内科

特色・目標・方針

「脳卒中専門の内科」として主に脳梗塞の内科的治療を担当します。血栓溶解薬(rt-PA)静注療法は発症4.5時間後まで適応が延長され、血栓回収デバイスも使用可能となっています。脳梗塞を救急疾患としてとらえ超急性期から積極的に治療し、機能障害を最小限にとどめるように努力しています。また、最新のエコー装置を駆使して、経頭蓋ドプラ・頸動脈エコー・経食道心エコーなどの超音波検査を行い、脳梗塞の正確な原因確定を行っています。心房細動への新規経口抗凝固薬など新しい治療法を積極的に導入し、適切な再発予防および生活習慣病の管理に努めています。

対象疾患

患者さん・医療関係者の方