先輩たちが広南病院を選んだ理由(出身校別)

教育目的

  • ①指導や教育の元で、基本的な看護を安全に実践できる
  • ②指導を受けることにより自己の学習課題を見つけることができる
  • ①看護実践の場面において単独で看護を提供できる
  • ②チームリーダー的役割や責務を認識し遂行できる
  • ③自己の学習課題に向けた学習活動を展開できる
  • ①根拠ある看護活動を実践でき、かつ他者にモデルを示すことができる
  • ②自己の学習活動に積極的に取り組むのみならず、指導的役割を発揮できる
  • ①論理的かつ実践的知識を統合して卓越した看護を実践し、所属を超えてリーダーシップを発揮できる
  • ②自己の学習活動はもとより組織的な教育・研究活動を主体的に実践できる
入職時研修
メンタルヘルス
コミュニケーション
看護技術
看護記録
安全対策
感染対策
褥瘡対策
院内探検
年間研修
コミュニケーション
メンタルヘルス
チームワーク
看護技術
看護記録
看護倫理
看護ものさしⅠ
小論文
看護研究研修
リーダーシップ研修Ⅰ
看護のものさし研修Ⅱ
体験発表
院内探検企画運営
院外研修参加
リーダーシップ研修Ⅱ
看護のものさし研修Ⅲ
看護研究発表
院外研修参加
リーダーシップ研修Ⅲ
看護ものさし研修Ⅳ
看護研究発表
院内研修講師
師長・主任研修
臨地実習指導者講習会
実験・受講
院外研修・学会参加
看護研究発表会
  ・看護倫理 ・コミュニケーション ・感染管理 ・安全管理
    ・プリセプター研修 ・実習指導者研修 ・教育委員研修 ・安全管理
・准看護師研修 ・介護福祉士研修 ・看護助手研修
院内勉強会・講演会

新人指導体制基本方針

研修項目 月日 ねらい
入職時研修 4月(3週間) 職場環境に早く慣れる
救急蘇生 4月 10月 生命に直結するサインを観察し、心肺停止状態への対応がわかる
看護記録 4月 実践に基づきて的確に看護記録を書く
感染対策 4月 患者・ナース双方の感染管理がわかる
特集検査の看護 5月 当院特有の代表する検査時の観察・看護がわかる
メンタルヘルス 7月 2月 ストレスを上手に管理していけるよう支援する
看護理論1
(看護のものさし)
11月 看護の視点で病気・患者をみることができる
看護理論2
(看護のものさし)
12月 事例を通して患者の捉え方を学ぶ
1年の振り返り 3月 自己を肯定し、次年度への課題を書く

※その他、細部にわたる指導は各部署で行っております。

研修項目 ねらい
広南病院の組織を知る 広南病院の組織やシステムを理解し、職員としての自覚・誇りを持つ
看護部組織を知る 看護部の目指す看護を知り、看護師・職業人として自己目標をイメージする
安全管理と看護師の責任 医療事故を起こさないために/また、起こした時の行動について知る
感染対策を知り、安全な看護を提供できる知識を持つ
褥瘡予防の基礎を知る
基礎技術 ME機器操作、手順、注意事項を知る
採血・注射・カテーテル操作などの基本看護技術の注意事項を知り、実践前の心構えを持つ
他部門との連携 他の医療従事者の業務内容を理解し、多種連携していることを知る
マナー研修
(外部講師)
社会人としての心構え、職場のエチケット、好感度を与える話方・聞き方
急性期リハビリテーションの
実際(講義、実技)
麻痺のある患者の移乗動作・日常生活動作の機能訓練