どうして広南病院を選んだのか?最後の決め手は何か?
夫の転勤のため年度末で前職場を退職し、仙台で就職先を探すことになりました。10年前、救命センターで勤務していた際に脳神経疾患の患者さんと関わる機会もありましたが、病態をはじめ脳神経は特に難しいという思いを抱えながら働いていました。しかし、一般病棟でも脳神経疾患の既往がある患者さんや在宅で脳神経疾患のために寝たきりになっている高齢者と関わるに連れ、いつかまた脳神経疾患看護について一から勉強し直したいと思っていました。
しかし、現在子育て中で、働きたい気持ちは強いけれど、実際働くことは難しいのではないかと悩みました。そんな中、広南病院のホームページを見て、子育て中の看護師が仕事と育児を両立しながら楽しく勤務しているという話や子育てに優しい企業として表彰されたこともあることを知り、就職を希望しました。
実際勤務しての心境(良かった事、悪かった事・・・・)
以前の病院では既卒のために入職して3週目より夜勤勤務が開始となりました。脳神経疾患看護については苦手意識もあったため、不安に思っていました。しかし、約3週間の研修に加え、病棟でも、新卒の看護師とともに指導者から指導を受けることができ、基礎から学べる環境を与えていただき、感謝しています。医療は日々進歩しているので、一つひとつしっかりと脳神経疾患看護について学び、患者さんへ良い看護が提供できるように尽力します。
卒業校
千葉大学