どうして広南病院を選んだのか?最後の決め手は何か?
私は、准看護学校時代に広南病院で実習をさせていただきました。実習では指導者や周りのスタッフの方々が忙しい業務の中でも丁寧かつ熱心に教えていただいたのがとても印象的でした。スタッフの方々の雰囲気の良さ、患者さんに対しての暖かい接し方にも共感でき、就職の決め手のひとつになりました。
また、脳梗塞やくも膜下出血などの最先端の治療を実際に見ることができ、スタッフの方々の知識の豊富さと迅速でありながら丁寧に対応している姿を見て、看護師免許取得後は広南病院で働き、学びを深めていきたいと考え志望しました。
実際勤務しての心境(良かった事、悪かった事・・・・)
病棟では覚えることが多く、初めての経験で分からないことばかりですが、先輩方がとても丁寧に基本から教えてくださるので安心して働くことができています。療護センターの患者さんは自分の感情を表現することができない方がほとんどなので、患者さんの安全・安楽を考えながら看護を提供することへの難しさとやりがいを感じています。まだまだ不安ばかりですが、一日でも早く仕事を覚え、患者さん一人ひとりに合ったより良い看護を行いたいという前向きな気持ちで頑張る事ができています。
卒業校
福島県立総合衛生学院