どうして広南病院を選んだのか?最後の決め手は何か?
准看護学校時、広南病院の看護師の方が講師としていらっしゃった授業が毎回とても楽しかったです。脳神経に興味を持ち、もっと学んで理解を深めたいと思いました。その後、広南病院で3クール実習をさせて頂き、どの病棟でも、指導者やスタッフの方々に丁寧かつ熱心にご指導いただきました。
忙しい時もチームで声を掛け合い協力して仕事に取り組んでいる姿がとても印象的でした。雰囲気の良い環境で、患者さんに対して温かく笑顔で接している姿を見て、ぜひ広南病院で働きたいと思い志望しました。
実際勤務しての心境(良かった事、悪かった事・・・・)
入職時、患者さんに対して安全・安楽な看護を提供することができるだろうかと大きな不安を抱えていました。しかし、病棟に出る前に3週間の新人研修があり、脳神経の解剖生理から最先端の医療、そして看護技術まで講義や演習も取り入れながら丁寧に教えて頂いた事で、配属部署で働くイメージが出来ました。病棟に配属後も先輩方に丁寧に教えて頂き、安心して業務に携わることができています。無理のないスケジュールで段階的にご指導頂き、何でも質問できる環境があり、とても心強いと感じています。専門用語など覚える事はたくさんありますが、日々努力して成長していきたいと思います。
卒業校
宮城県高等看護学校