どうして広南病院を選んだのか?最後の決め手は何か?
実習で、神経難病の患者さんを受け持つ機会があり、嚥下・構音障害やADLの援助を通して患者さんの生活を支えるといった看護にやりがいを実感しました。広南病院は脳神経・脳血管疾患の専門病院として、高度な医療技術の備わった最先端の病院であり、そのような場で看護を学び、患者さんに安全安楽で優しい看護を提供したいと思ったからです。
実際勤務しての心境(良かった事、悪かった事・・・・)
きちんと仕事していけるか不安や緊張がありました。しかし、先輩方の丁寧で温かく優しい指導や励ましがあり、学ぶことも多く大変ですが乗り越えられています。一人ひとりの患者さんにとって最良の援助を提供できるよう、一日一日を大切に成長していきたいです。
卒業校
伊達赤十字看護専門学校