どうして広南病院を選んだのか?最後の決め手は何か?
学校での実習の際に、脳神経の患者さんを受け持ったことがあり、急性期から退院までの経過に携わりました。その際に脳神経疾患の複雑さなどを感じましたが、勉強していくうちに看護の楽しさなど多くの学びを得ました。そのことがきっかけで脳神経の病院で働いてみたいという思いがあり、脳神経・脳血管疾患の専門病院として、高度な医療技術を提供している広南病院で働いてみたいと思い、広南病院を志望しました。
実際勤務しての心境(良かった事、悪かった事・・・・)
勤務する前に、オリエンテーションを受けていても、病棟勤務は初めてのことが多く、不安なことや緊張することが多くありました。先輩方に丁寧に教えて頂き、その都度分からないことを聞き、指導いただき看護を行うことで徐々に不安や緊張なども少なくなっていきました。まだ学ぶべきことは多くあり大変な毎日ですが、患者さんのために自分がどのように看護を行うべきか、しっかり考えを深めていきたいです。
卒業校
宮城県高等看護学校