どうして広南病院を選んだのか?最後の決め手は何か?
今から20年以上前に、長町南に引っ越してきたばかりの頃、脳神経外科を受診する必要がありました。どこの病院が良いか相談した友だちに、脳のことなら広南病院と言われ、受診したことが最初の出会いでした。その後、紆余曲折があり、看護師として就職先を考える際、祖母が脳梗塞で左半身不随であったことや実習を通して脳という器官に興味があったことから、昔のことを思い出し、広南病院に見学に行こうと思いました。実際に見学してみると、看護師同士のコミュニーションの様子や患者さんとの接し方をみて温かさや雰囲気の良さを感じたので広南病院に就職したいと思いました。また、単科であることで、専門性を高めることができると思いました。
実際勤務しての心境(良かった事、悪かった事・・・・)
配属された療護センターは、急性期の病棟とは異なり、患者さんの出入がほとんどありません。そのため、患者さんの個別性を考えた看護がより求められると思います。自分の思いを表出できない方が多いからこそ、ちょっとした変化を見逃せない関わり方が必要だと日々感じています。
今はまだ一つひとつの手技を覚えることに精一杯で、個別性にあったケアができているとは言えません。しかし、先輩看護師のように些細な変化を見逃さない観察力を身に付けて、慢性期ならではの看護ケアができるよう患者さんの日常生活を支えていきたと思います。
卒業校
石巻赤十字看護専門学校