どうして広南病院を選んだのか?最後の決め手は何か?
看護学生時代,就職先を考えましたがなかなか答えが出ず悩んでいた時,学校の先生に脳の専門病院はどうかと勧められました。その先生は総合病院に勤めていたそうですが自分の看護の原点は脳に関わる看護をした時だったとおっしゃっていました。脳や心臓など人間の体の重要器官に関わる看護を行うことで看護師として大きく成長できたという話をしてくださいました。
その話に感銘を受け、脳の専門病院である広南病院を選びました。
実際勤務しての心境(良かった事、悪かった事・・・・)
病棟に出てまだ日が浅いため戸惑うことやどうしたらいいか分からないことも多いですが、SCUの指導者さんや先輩方が常に気を配って下さり声をかけてくれます。分からないことは自分で調べてみたり、質問したりと自分の課題を見つけられるよう過ごしています。
SCUにいる患者さんは急性期のため容態が変わりやすく観察力やアセスメント力が大切だと感じました。また病気になることであれが出来ない,これが出来ない,という考え方ではなく患者さんに出来ることを考え退院後の生活まで考え援助していくことが大切だと感じました。
1日も早く患者さんの役に立てるよう,患者さんや先輩方から学び続けていきたいと思います。
卒業校
仙台市医師会看護専門学校