どうして広南病院を選んだのか?最後の決め手は何か?
脳梗塞により後遺症のある方と関わった経験から脳神経に興味を持ち看護師を目指しました。准看護学科時代に広南病院で実習をさせていただく機会があり、患者さんの回復していく姿を見ることができ喜びを感じたことが強く印象に残りました。また患者さんとの関わりの中で、その方の人間性を考えながら接する看護師の方を目にし、広南病院で働きたいと思うとともに看護師としてここで成長したいと考え志望しました。
実際勤務しての心境(良かった事、悪かった事・・・・)
3週間の研修を通して、少しずつ心構えが出来きたため、入職時の漠然とした不安が多少解消された状態で勤務に臨むことができました。病棟配属後も先輩の業務を見学することから始まり、丁寧に指導いただけるので無理なく仕事を覚えられると感じました。専門用語、薬の作用、電子カルテの使い方、手技の獲得など習得することは山のようにあり、情報を取るだけでも苦労している状態ですが少しでも早く仕事を覚え、良い看護を提供できるよう日々努力していきたいと思っています。
所属
仙台市医師会看護専門学校