どうして広南病院を選んだのか?最後の決め手は何か?
准看護学生の時、広南病院で実習があり、看護スタッフだけでなくリハビリテーション科のスタッフの皆さんも多忙の中、私たち実習生の疑問や質問に、とても親切に答えて下さいました。そのおかげで、実習自体とても学びが多く充実したものとなったことを覚えています。看護学生として再び実習させて頂いた際、「うちで働きませんか?奨学金制度もありますよ?」とICUの看護師の方から声を掛けられたことが決め手となりました。広南病院にはとても良い印象を持っていたので、奨学金制度の存在を知り、広南病院以外は就職先として考えていませんでした。
実際勤務しての心境(良かった事、悪かった事・・・・)
専門略語が飛び交い話の内容が理解できない時や練習したはずの看護技術をいざ患者さんに実践する時は、緊張で頭が真っ白になり表情が硬くなってしまいます。しかし、先輩看護師の皆さんは「仕事には慣れた?少しずつ覚えていけばいいよ」と優しく声を掛けてくださり、受け持ちの患者さん以外でも採血や血管確保の機会等があれば、積極的に機会を与えてくださいます。まだまだ手技も手際も悪く、患者さんや先輩看護師の皆さんには、ご迷惑をお掛けしていますが「早く仕事を覚えてもらいたい」という想いが伝わってきます。その想いに応えられるよう、一日でも早く仕事に慣れ、技術が身に付くよう頑張っていきたいと思います。
所属
仙台市医師会看護専門学校