どうして広南病院を選んだのか?最後の決め手は何か?
准看護学生の時に広南病院で実習し、脳卒中の患者さんを受け持ちました。初めての実習でうまく患者さんと関われずに悩んでいると、指導者やスタッフの方々より熱心に指導して頂いきました。また患者さんに対して、温かく笑顔で接し、思いに寄り添う姿を見て感銘を受けました。そして、広南病院は脳専門の病院であり、新人教育に力を入れているため、これから看護師として自分の知識や技術の向上につながると思い志望ました。
実際勤務しての心境(良かった事、悪かった事・・・・)
入職時は、学校を卒業し社会人となり、看護師として働いていけるのか不安でした。広南病院では病棟に出る前に新人研修が3週間ありました。そこでは、脳神経の解剖生理や脳卒中、看護技術まで幅広く丁寧に教えて頂きました。1つひとつ学びを深めることで楽しさもあり、病棟でも分からないことを先輩方から優しく指導を受けることで、看護師としてやりがいを感じられました。まだまだ至らない点ばかりですが、今後も看護師として成長できるよう、少しずつ知識と的確な技術を身につけ頑張っていきたいです。
所属
宮城県高等看護学校