どうして広南病院を選んだのか?最後の決め手は何か?
私が広南病院を選んだ理由は、看護を学んでいく上で、脳神経疾患や回復期にある患者のケアに興味を持ち、脳・神経疾患の高度な医療技術がある病院である事を知り、准看護学校の実習の時に実習先として広南病院を希望し実際に学ぶ事が出来たからです。指導者の方々や先輩看護師の方がとても温かく学生を迎えて頂き、実習も熱心で、分からない事があれば親切に分かりやすく指導して頂きました。患者さんと寄り添い常に患者さんの目線に立った看護ケアやその家族の方々の不安な気持ちにも寄り添い関わっていく事の大切さを実習から学び、とても充実した実習となり、その体験から私自身も職員の一人として働きたいと思いました。
実際勤務しての心境(良かった事、悪かった事・・・・)
入職時は看護師として患者さんやご家族と接する事が出来るのかと、とても不安な気持ちでしたが、同期の多職種の職員との充実した3週間の研修を通して、少しずつ働くイメージができ、不安な気持ちも少なくなっていきました。研修では広南病院の概要や脳神経疾患の治療や看護ケアについての講義や先輩看護師の指導の下、看護技術の演習を通して技術の確認をする事が出来ました。病棟では疾患についての知識や看護技術等、覚える事がとても多くありますが、専門的な知識を深める事が出来る環境であり、先輩看護師も親切に指導して頂けるので、分からない事をそのままにせずに、相談し看護師として成長出来るように日々学んでいきたいと思います。
所属
福島県立総合衛生学院