入職時研修感想

H・A さん

仙台青葉学院短期大学

入職して1週間後、他院で勤務している友人から「2週目から病棟勤務が始まる」と聞き、3週間しっかり研修があることがとてもありがたいことであることが分かりました。3週間で病院の概要、脳疾患について、患者さんとのコミュニケーション、物品の扱い方、人工呼吸器や輸液ポンプの取り扱い、記録の書き方、血管確保など1つ1つ丁寧に分かるまで教えていただきました。研修の中でも、同期と交流を深められるような機会を作っていただき、看護師だけでなく薬剤師、検査技師、リハビリテーション科、事務の方とも多く関わることが出来たのがとても嬉しく思いました。研修の中で特に私は血管確保手技がとても不安でした。初めてで緊張していましたが駆血帯の巻き方からわかりやすく教えてもらい失敗してしまっても出来ていたところを褒めてくれて、もっと頑張っていこうという気持ちになれました。
脳疾患について講義や国家試験で勉強していましたが、大切な部分を復習することができ、ポイントを理解することが出来て良かったと思いました。分からないところがあり質問に行っても、分かりやすく教えていただけました。
研修の中でも自分が配属する病棟でのシャドウイングやケアを実施する機会もあり、病棟の雰囲気などをつかむことが出来ました。勤務前にケアなどを研修することで実際の勤務でも病棟であまり緊張することなく行うことが出来ました。
3週間という長い期間でしたがあっという間でした。こんなにも丁寧な研修を受けることが出来てとても嬉しく思いました。ありがとうございました。

M・S さん

仙台市立看護専門学校

入職日は初めての環境、初めて会う人達で緊張と不安とわくわくした気持ちとが入り混じった1日でした。そこから3週間は、病院の概要からシステムについて、また認定看護師による疾患の勉強会や先輩スタッフ指導の技術演習など、1日1日丁寧な研修が続きました。リハビリ関係もME機器の取り扱いも専門のスタッフが教えてくれるので、楽しく学べました。少人数のグループに分かれて先輩スタッフに指導いただくため、一人ひとりに目が行き届き、何度も繰り返し実践出来る時間があります。時に患者さん役になってみることで患者さん側の感じ方を体験できるのもいい機会です。研修は看護師だけでなく、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士、薬剤師、検査技師、事務など入職者みんなで講義を受けるため、それぞれの専門分野で意見交換が出来き、知識や技術を身につけるだけではなく1つの交流の場にもなっていると感じました。それぞれが新しい環境で緊張しており、同じ入職者同士で関係を深められる時間がある事は、頑張ろうとする意欲につながると感じました。実際現場に行けば、スピードも正確性も必要で、命に関わる責任感も増します。今は、正確に実施できるように必ず見学をしてから、指導下、見守りで実施ときちんと段階を踏んで、着実に身に着くよう先輩スタッフがサポートしてくれます。研修で教えていただいた基本が軸になっているので3週間の期間はとても重要です。まだまだ不安な事も大変な事もありますが、この研修での学びを活かしつつ、みんなで成長していけたらと思っています。

Y・T さん

宮城県高等看護学校

私は昨年度の6月に中途採用と言う形で入職しました。そのため、4月の入職時研修は受けていませんでした。病院で働いた経験もなく、新社会人として、0からのスタートだったため、勤務初日はとても不安だったのを今でも覚えています。
しかし実際に現場で働き始め先輩方に一つひとつ丁寧に指導して頂き、ゆっくりではありますが、業務を覚えていくことができました。
入職時から約1年が経過し、覚えたこと、指導して頂いたことを活かしながら患者さんのケアを行っていますが、病棟とは行っているケアや業務内容が違うため、今回入職時研修を受け改めて分かったこと、復習となったことが沢山ありました。
疾患や看護についてもまだまだ自己学習が不足していると感じたところもあったため、とても有意義な研修になったと感じます。