広南病院

文字サイズ

  • 標準
  • 大
  • 特大
検索 交通のご案内

トップページ>>診療内容のご案内>>頭痛|めまい|てんかん|しびれ

頭痛、めまい、てんかん、しびれ


頭痛

頭痛はありふれた症状で、頻度的には明確な原因のない機能的頭痛が多いですが、なかには明確な病気(脳腫瘍、髄膜炎、くも膜下出血など)が原因で起こる器質的頭痛もあります。まずは器質的頭痛かどうかを調べ、そうでなければ機能的頭痛の代表である片頭痛や緊張型頭痛などのメカニズムを理解し、日常生活で上手に付き合っていくことになります。

めまい

めまいの種類は多く、原因も多種多様です。大半は耳(内耳)に関連した「末梢性めまい」ですが、なかには脳(血管)の病気や血圧低下、薬剤、心因性(ストレス)などに起因する場合もあります。どのような時にめまいが生じて、めまいと一緒にどのような症状を伴うかが鑑別のポイントです。

てんかん

大脳が異常に興奮するため,普通とは異なる身体症状や意識、運動および感覚の変化が生じる病気です。症状は必ずしも意識を失っての全身けいれんだけではなく、腕がピクッと動く、吐き気がする、動作が急に止まる、などの発作もあります。また、発症率が最も高いのは高齢者であることが最近の研究でわかってきました。

しびれ

しびれは一種の異常知覚で、脳や脊髄、手足の神経の障害で引き起こされます。
痛みやしびれは本人にしかわからないで問診が重要です。持病の有無以外に、しびれは体の両側なのか部分的なのか、急な発症なのか緩徐に出現したのか、一過性なのか持続しているのか等を訪ね、これに神経学的診察を加えると大まかな場所が推定できます。神経内科、脳神経外科、整形外科、内科、心療内科など多数の診療科の病気でしびれは生じます。

診療する主な疾患