広南病院

文字サイズ

  • 標準
  • 大
  • 特大
検索 交通のご案内

トップページ>>診療内容のご案内>>遷延性意識障害

遷延性意識障害


遷延性意識障害

遷延性意識障害(せんえんせいいしきしょうがい)とは、いわゆる植物状態のことを言い、脳死とは異なります。

1972年の日本脳神経外科学会による定義では、
  • 自力移動が不可能である。
  • 自力摂食が不可能である。
  • 屎尿失禁状態にある。
  • 声を出しても意味のある発語が不可能である。
  • 簡単な命令(眼を開く、手を握るなど)にはかろうじて応じることもあるが、それ以上の意思疎通は不可能である。
  • 眼球はかろうじて物を追っても認識は出来ない。
以上の6項目が、治療にもかかわらず3ヶ月以上続いた場合を「遷延性意識障害(植物状態)」とみなす、となっています。
  • 広南スコア
  • 東北療護センター

診療する主な疾患