臨床研究

脳神経外科・血管内脳神経外科

著者 題名 論文
1 Endo H, Niizuma K, Fujimura M, Sato K, Inoue T, Osawa SI, Tominaga T Ruptured cerebral microaneurysm diagnosed by 3D fast spin-echo T1 imaging with variable flip angles J Stroke Cerebrovasc Dis, in press
2 Kochi R, Endo H, Niizuma K, Fujimura M, Sato K, Inoue T, Osawa SI, Tominaga T Outflow occlusion with occipital artery-posterior inferior cerebellar artery bypass for growing vertebral artery fusiform aneurysm with ischemic onset: A case report J Stroke Cerebrovasc Dis, in press
3 Rashad S, Endo H, Sultan AE Shimizu H, Fujimura M, Sato K, Matsumoto Y, Tominaga T Therapeutic clip occlusion of the anterior choroidal artery involved with partially thrombosed fusiform aneurysm: A case report J Stroke Cerebrovasc Dis, in press
4 Omodaka S, Endo H, Fujimura M, Niizuma K, Sato K, Matsumoto Y, Tominaga T High-grade Cerebral Arteriovenous Malformation Treated with Targeted Embolization of a Ruptured Site: Wall Enhancement of an Intranidal Aneurysm as a Sign of Ruptured Site (NMC) Neurol Med Chir (Tokyo), in press
5 Ogawa Y, Kawaguchi T, Tominaga T Outcome and mid-term prognosis after maximum and radical removal of craniopharyngiomas with the priority to the extended trassphenoidal approach -A single center experience Clinical Neurology and Neurosurgery 125, 41-46, 2014
6 Ogawa Y, Watanabe M, Tominaga T Spontaneous Alteration from Rathke’s Cleft Cyst to Craniopharyngioma -Possible Involvement of Transformation Between These Pathologies Edocrine Pathology 25: 422-426, 2014
7 Sato K, Shimizu H, Inoue T, Fujimura M, Matsumoto Y, Kondo R, Endo H, Sonoda Y, Tominaga T Angiographic circulation time and cerebral blood flow during balloon test occlusion of the internal carotid artery J Cereb Blood Flow Metab 34:(1): 136-143, 2014
8 Ogawa Y, Fujimura M, Tominaga T Moyamoya syndrome associated with basal meningioma successfully treated by the modified transsphenoidal approach: case report J Neurol Surg Rep 75(1):e77-80, 2014
9 Fujimura M, Niizuma K, Inoue T, Sato K, Endo H, Shimizu H, Tominaga T Minocycline Prevents Focal Neurologic Deterioration Due to Cerebral Hyperperfusion After Extracranial-Intracranial Bypass for Moyamoya Disease Neurosurgery 74(2): 163-170, 2014
10 Ogawa Y, Nakata Y, Tominaga T Post-purchase reassessment and improvement of neuroendoscope holder: importance of physician-manufacturer communication Technol Health Care 22(2): 397-401, 2014
11 Kawaguchi T, Ogawa Y, Tominaga T Diagnostic Pitfalls of hyperprolactinemia: the importance of sequential pituitary imaging BMC ResNotes 20(7): 555, 2014
12 Kawaguchi T, Ogawa Y, Watanabe M, Tominaga T Craniophyaryngiomas presenting with nonobstructive hydrocephalus; underlying influence of subarachnoidal hemorrhage: Two case reports J Neurol Surg A Cent Eur Neurosurg, in press
13 Ogawa Y, Nakagawa A, Washio A, Arafune T, Tominaga T Tissue dissection before direct manipulation the pathology with pulsed laser-induced liquid jet system in skull base surgery J Neurol Surg B Skull Base S2(75): S118, 2014
14 Omodaka S, Endo H, Doi H, Shimizu H, Fujimura M, Aizawa N, Nakazawa T, Tominaga T. Usefulness of Laser Speckle Flowgraphy for the Assessment of Ocular Blood Flow in Extracranial-Intracranial Bypass. J Stroke Cerebrovasc Dis 23(10): 445-448, 2014
15 Kondo R, Matsumoto Y, Endo H, Miyachi S, Ezura M, Sakai N Endovascular Embolization of Cerebral Arteriovenous Malformations: Results of the Japanese Registry of Neuroendovascular Therapy (JR-NET) 1 and 2. Neurol Med Chir (Tokyo) 54(1): 54-62, 2014
16 Shimizu H, Tominaga T, Ogawa A, Kayama T, Mizoi K, Sato K, Terayama Y, Ogasawara K, Mori E, Tohoku Acute Stroke Progressin Stroke Study Group Cilostazol for the Prevention of Acute Progressing Stroke: A Multicenter, Randomized Controlloed Trial Journal of Stroke and Cerebrovascular Diseases 22(4): 449-456, 2013
17 Ogawa Y, Watanabe M, Tominaga T Rathke’s cleft cysts with significant squamous metaplasia- high risk of postoperative deterioration and close origins to craniopharyngioma Acta Neurochirurgica 155(6): 1069-1057, 2013
18 Ogawa Y, Nakagawa A, Washio T, Arafune T, Tominaga T Tissue dissection before direct manipulation to the pathology with pulsed laser-induced liquid jet system in skull base surgery - preservation of fine vessels and maintained optic nerve function Acuta Neurochirurgica 155(10): 1879-1886, 2013
19 Inoue T, Takada S, Shimizu H, Niizuma K, Fujimura M, Sato K, Endo H, Tominaga T Signal Changes on T2*-Weighted Magnetic Resonance Imaging from the Acute to Chronic Phases in Patients with Subarachnoid Hemorrhage Cerebrovascular Diseases 36: 421-429, 2013
20 Sugiyama S, Niizuma K, Nakayama T, Shimizu H, Endo H, Inoue T, Fujimura M, Ohta M, Takahashi A, Tominaga T Relative residence time prolongation in intracranial aneurysms: A possible association with atherosclerosis Neurosurgery 73(5): 767-776, 2013
21 Ogawa Y, Tominaga T Thyroid-stimulation hormone-secreting pituitary adenoma presented with recurrent hyperthyroidism in post-treated Graves’ disease: a cace report J Med Case Rep 7(1), 27, 2013
22 Shimoda Y, Ogawa Y, Watanabe M, Tominaga T Clinicopathological investigation of vascular endothelial growth factor and von Hippel-Lindau gene-related protein expression in immunohistorchemically negative pituitary adenoma - possible involvement in tumor aggressiveness. Endocr Res 38(4): 242-250, 2013
23 Kawaguchi T, Ogawa Y, Ito K, Watanabe M, Tominaga T Follicle-stimulating hormone-secreting pituitary adenoma manifesting as recurrent ovarian cysts in a young woman - latent risk of undefined ovarian hyperstimulation: a case report BMC Res Notes 6:560, 2013
24 Ogawa Y, Tominaga T Successful treatment of suprasellar tumors associated with poor brain blood perfusion by severe intracranial arterial stenosis: two case reports. BMC Res Notes 6: 499, 2013
25 Kanoke A, Ogawa Y, Watanabe M, Kumabe T, Tominaga T Autoimmune hypophysitis presenting with intracranial multi-organ involvement: three case reports and review of the literature. BMC Res Notes 6: 560, 2013
26 Endo H, Matsumoto Y, Kondo R, Sato K, Fujimura M, Inoue T, Shimizu H, Takahashi A, Tominaga T Medullary infarction as apoor prognostic factor after internal coil trapping of a ruptured vertebral artery dissection J Neurosurg 118 (1): 131-139, 2013

脳血管内科

著者 題名 論文
1 Itabashi R, Yazawa Y, Kawata K, Shigehatake Y, Yang S, Otomo K, Furui E. Paradoxical Brain Emboli Related to Heparin-Induced Thrombocytopenia after Catheter Ablation. J Stroke Cerebrovasc Dis 2015 Epub ahead of print
2 Koga M, Yamagami H, Okuda S, Okada Y, Kimura K, Shiokawa Y, Nakagawara J, Furui E, Hasegawa Y, Kario K, Arihiro S, Sato S, Homma K, Matsuki T, Kinoshita N, Nagatsuka K, Minematsu K, Toyoda K; SAMURAI Study Investigators. Blood glucose levels during the initial 72 h and 3-month functional outcomes in acute intracerebral hemorrhage: the SAMURAI-ICH study. J Neurol Sci 2015 Epub ahead of print
3 Sakamoto Y, Koga M, Todo K, Okuda S, Okada Y, Kimura K, Shiokawa Y, Kamiyama K, Furui E, Hasegawa Y, Kario K, Okata T, Kobayashi J, Tanaka E, Yamagami H, Nagatsuka K, Minematsu K, Toyoda K; SAMURAI study investigators. Relative systolic blood pressure reduction and clinical outcomes in hyperacute intracerebral hemorrhage: the SAMURAI-ICH observational study. J Hypertens 33:1069-73, 2015
4 Toyoda K, Arihiro S, Todo K, Yamagami H, Kimura K, Furui E, Terasaki T, Shiokawa Y, Kamiyama K, Takizawa S, Okuda S, Okada Y, Kameda T, Nagakane Y, Hasegawa Y, Mochizuki H, Ito Y, Nakashima T, Takamatsu K, Nishiyama K, Kario K, Sato S, Koga M; SAMURAI Study Investigators. Trends in oral anticoagulant choice for acute stroke patients with nonvalvular atrial fibrillation in Japan: The SAMURAI-NVAF Study. Int J Stroke 2015 Epub ahead of print
5 Miyagi T, Koga M, Yamagami H, Okuda S, Okada Y, Kimura K, Shiokawa Y, Nakagawara J, Furui E, Hasegawa Y, Kario K, Arihiro S, Sato S, Minematsu K, Toyoda K. Reduced estimated glomerular filtration rate affects outcomes 3 months after intracerebral hemorrhage: the stroke acute management with urgent risk-factor assessment and improvement-intracerebral hemorrhage study. J Stroke Cerebrovasc Dis 24: 176-82, 2015
6 Koga M, Arihiro S, Hasegawa Y, Shiokawa Y, Okada Y, Kimura K, Furui E, Nakagawara J, Yamagami H, Kario K, Okuda S, Tokunaga K, Takizawa H, Takasugi J, Sato S, Nagatsuka K, Minematsu K, Toyoda K; Stroke Acute Management with Urgent Risk-factor Assessment and Improvement Study Investigators. Intravenous nicardipine dosing for blood pressure lowering in acute intracerebral hemorrhage: the Stroke Acute Management with Urgent Risk-factor Assessment and Improvement-Intracerebral Hemorrhage study. J Stroke Cerebrovasc Dis 23: 2780-7, 2014
7 Itabashi R, Furui E, Sato S, Yazawa Y, Kawata K, Mori E. Incidence of cardioembolic stroke including paradoxical brain embolism in patients with acute ischemic stroke before and after the Great East Japan Earthquake. Cerebrovasc Dis. 37:431-7, 2014
8 Tanaka E, Koga M, Kobayashi J, Kario K, Kamiyama K, Furui E, Shiokawa Y, Hasegawa Y, Okuda S, Todo K, Kimura K, Okada Y, Okata T, Arihiro S, Sato S, Yamagami H, Nagatsuka K, Minematsu K, Toyoda K. Blood pressure variability on antihypertensive therapy in acute intracerebral hemorrhage: the Stroke Acute Management with Urgent Risk-factor Assessment and Improvement-intracerebral hemorrhage study. Stroke 45:2275-9, 2014
9 Kobayashi J, Koga M, Tanaka E, Okada Y, Kimura K, Yamagami H, Okuda S, Hasegawa Y, Shiokawa Y, Furui E, Nakagawara J, Kario K, Okata T, Arihiro S, Sato S, Nagatsuka K, Minematsu K, Toyoda K; SAMURAI Study Investigators. Continuous antihypertensive therapy throughout the initial 24 hours of intracerebral hemorrhage: the stroke acute management with urgent risk-factor assessment and improvement-intracerebral hemorrhage study. Stroke 45:868-70, 2014
10 Itabashi R, Mori E, Furui E, Sato S, Yazawa Y, Kawata K, Fujiwara S. A dilated surface appearance on basiparallel anatomic scanning-magnetic resonance imaging is a useful tool for the diagnosis of spontaneous vertebral artery dissection in lateral medullary infarction. J Stroke Cerebrovasc Dis 23:805-10, 2014
11 Sakamoto Y, Koga M, Yamagami H, Okuda S, Okada Y, Kimura K, Shiokawa Y, Nakagawara J, Furui E, Hasegawa Y, Kario K, Arihiro S, Sato S, Kobayashi J, Tanaka E, Nagatsuka K, Minematsu K, Toyoda K; SAMURAI Study Investigators. Systolic blood pressure after intravenous antihypertensive treatment and clinical outcomes in hyperacute intracerebral hemorrhage: the stroke acute management with urgent risk-factor assessment and improvement-intracerebral hemorrhage study. Stroke 44:1846-51, 2013
12 Aoki J, Kimura K, Koga M, Kario K, Nakagawara J, Furui E, Shiokawa Y, Hasegawa Y, Okuda S, Yamagami H, Okada Y, Shibazaki K, Sakamoto Y, Toyoda K. NIHSS-time score easily predicts outcomes in rt-PA patients: the SAMURAI rt-PA registry. J Neurol Sci 327:6-11, 2013
13 Endo K, Kario K, Koga M, Nakagawara J, Shiokawa Y, Yamagami H, Furui E, Kimura K, Hasegawa Y, Okada Y, Okuda S, Namekawa M, Miyagi T, Osaki M, Minematsu K, Toyoda K. Impact of early blood pressure variability on stroke outcomes after thrombolysis: the SAMURAI rt-PA Registry. Stroke 44:816-8, 2013
14 Kondo R, Matsumoto Y, Furui E, Itabashi R, Sato S, Yazawa Y, Shimizu H, Fujiwara S, Takahashi A, Tominaga T. Effect of cilostazol in the treatment of acute ischemic stroke in the lenticulostriate artery territory. Eur Neurol 69:122-8, 2013
15 Miyagi T, Koga M, Shiokawa Y, Nakagawara J, Hasegawa Y, Furui E, Kimura K, Kario K, Okuda S, Yamagami H, Okada Y, Nezu T, Maeda K, Endo K, Minematsu K, Toyoda K. Intravenous alteplase at 0.6 mg/kg for acute stroke patients with basilar artery occlusion: the stroke acute management with urgent risk factor assessment and improvement (SAMURAI) Recombinant tissue plasminogen activator registry. J Stroke Cerebrovasc Dis 22:1098-106,2013

情報公開

以下の臨床研究につきましては「人を対象とする生命科学・医学系研究に関する倫理指針」に基づき、研究対象者等への説明と同意を得ずに研究を実施しております。研究対象となる試料・情報の研究への利用又は他の医療機関等への提供について拒否される方は、該当する研究の「問い合わせ先」「担当者」「研究責任者」へご連絡下さい。

実施科
研究責任者
病院長
実施許可日
課題名 予定
実施期間
脳神経外科
部長 遠藤英徳
2018年3月19日 一般社団法人日本脳神経外科学会データベース研究事業(Japan Neurosurgical Database:JND) 許可後
~2023年9月
脳神経外科
部長 遠藤英徳
2019年5月20日 脳内出血患者における造影MRIを使用した出血源の同定 許可後
~未定
脳神経外科
部長 遠藤英徳
2019年5月20日 くも膜下出血後認知機能障害の画像と神経心理に関する後ろ向き研究 許可後
~2024年3月
脳神経外科
部長 遠藤英徳
2020年5月20日 もやもや病に対する浅側頭動脈・中大脳動脈バイパス術後過灌流症候群予測因子の検討:後ろ向き調査研究 許可後
~未定
脳神経外科
部長 遠藤英徳
2020年5月20日 ASL-MRIを使用した内膜剥離術後過灌流の新たな予測方法の開発 許可後
~2022年3月
脳神経外科
部長 遠藤英徳
2021年9月22日 虚血発症頭蓋内内頚動脈解離の診断と治療に関する全国実態調査 許可後
~2023年3月
血管内脳神経外科
部長 松本康史
2017年2月20日 フローダイバーターの有効性と安全性に関する全国悉皆調査 許可後
~2023年9月
血管内脳神経外科
部長 松本康史
2020年1月22日 Flow Diverterを用いた脳動脈瘤治療の効果と安全性に関する多施設共同登録研究 許可後
~2023年3月
血管内脳神経外科
部長 松本康史
2020年3月11日 日本国内の脳神経血管内治療に関する登録研究4 許可後
~2022年12月
血管内脳神経外科
部長 松本康史
2020年7月20日 Clinical significance and angiographic features of pial arterial supply to intracranial dural arteriovenous fistulas: a multicenter retrospective study 許可後
~2023年4月
血管内脳神経外科
部長 松本康史
2021年2月15日 FREDを用いた脳動脈瘤に対するフローダイバーター留置術の市販後初期経験に関する多施設共同登録研究 許可後
~2026年3月
血管内脳神経外科
部長 松本康史
2021年2月15日 脳卒中の急性期診療提供体制の変革に係る実態把握及び有効性等の検証のための研究 許可後
~2024年3月
血管内脳神経外科
部長 松本康史
2021年2月15日 血栓吸引カテーテルを用いた機械的血栓回収療法の効果と安全性に関する多施設共同登録研究 許可後
~2023年12月
血管内脳神経外科
部長 松本康史
2021年4月19日 動脈硬化性の急性頭蓋内主幹動脈閉塞に対する血管内治療に関する後ろ向き登録調査 許可後
~2030年12月
血管内脳神経外科
部長 松本康史
2022年4月4日 VertebroBasilar Dolichoectasia の自然歴および外科的治療の成績に関する多機関共同前向き登録研究 許可後
~2029年12月
脳血管内科
部長 矢澤由加子
2015年1月7日 脳卒中急性期における背景因子,臨床データ等を用いた後ろ向き研究 2015年1月
~未定
脳血管内科
部長 矢澤由加子
2017年9月20日 脳卒中レジストリを用いた我が国の脳卒中診療実態の把握 許可後
~2026年3月
脳血管内科
部長 矢澤由加子
2017年11月20日 脳卒中を含む循環器病対策の評価指標に基づく急性期医療体制の構築に関する研究 許可後
~2026年3月
脳血管内科
部長 矢澤由加子
2020年3月11日 rt-PA治療効果の医療介護連携に関するプロセス、アウトカム評価指標の開発と検証 許可後
~2026年3月
脳血管内科
部長 矢澤由加子
2021年1月13日 Dual energy CTを用いて頚動脈におけるvulnerable plaqueを推定する後ろ向き研究 許可後
~未定
脳血管内科
部長 矢澤由加子
2021年6月23日 非弁膜症性心房細動合併頚動脈ステント留置術における周術期抗血栓療法と合併症の実態の把握 許可後
~2026年6月
脳血管内科
部長 矢澤由加子
(2019年9月27日) 睡眠中発症もしくは発症時刻不明脳梗塞に対するアルテプラーゼ静注血栓溶解療法試験の個別データ統合解析 2019年9月
~2023年3月
脳血管内科
部長 矢澤由加子
(2020年1月22日) 日本人脳出血患者における適切な超急性期降圧療法の探求:SAMURAI-ICH研究とATACH2試験の個別データ統合解析 2020年1月
~2025年3月

製造販売後調査

医薬品・医療機器は、販売後に安全性と有効性に関する製造販売後調査を実施して、国へ調査結果を報告することが企業の義務として法令で定められております。法令では、製造販売後調査の重要性から、実施に当たり患者さんの同意を必要としていないため、多くの調査が患者さんの同意を得ずに実施されております。しかし、中には調査結果を国へ報告することに併せて、学会や論文などで広く公表することを目的とするものがあります。企業が調査結果を学会や論文などで公表する場合も、患者さん個人を特定する情報が公開されることはありません。もし、調査対象となる試料・情報の研究への利用又は他の医療機関等への提供について拒否される方は、該当する調査の「問い合わせ先」「担当者」「実施責任者」へご連絡下さい。

実施科
実施責任者
治験等審査委員会
承認日
課題名 予定
実施期間
血管内脳神経外科
部長 松本康史
2020年5月27日 FREDシステム一般使用成績調査 契約締結日~
2025年3月14日

不正対応

一般財団法人広南会広南病院の研究活動上の不正行為の告発窓口並びに公的研究費の不正使用に係る通報窓口及び不正な取引に関与した業者に対する処分方針について

告発・通報窓口

病院長
住所 〒982-8523 仙台市太白区長町南四丁目20番1号
TEL 022-248-2131
FAX 022-248-1966
告発・通報の受付方法
  1. 受付方法:電話、FAX、書面または面会により受け付けています。
  2. 受付時間:8時30分~12時、13時~17時
    ※ただし、土・日・祝および年末年始(12月29日~1月3日)、その他休業の期間は受付を行っておりません。
注意事項

告発・通報される方は以下の事項をご確認の上、ご連絡ください。

  1. 告発・通報にあたっては、告発者・通報者の氏名、所属及び連絡先等を必ず通知又は記入してください。
  2. 告発・通報の内容は、広南病院において告発・通報対象事実(研究活動上の不正行為並びに公的研究費の不正使用又は不正使用の疑い)が生じていることを具体的に通知又は記述してください。
  3. 告発・通報は、電話または口頭でも行うことができますが、相当の信頼性のある情報、証拠等を付してください。
  4. 告発・通報内容を把握するため、担当者より連絡させていただくことがあります。
  5. 告発・通報内容が一般的なご意見、苦情等の類であり、告発・通報対象事実でないと判断した場合は、情報提供として所掌部局等に転送し、業務の改善等に活用させていただきますので、予めご了承ください。
  6. 告発・通報による秘密は、個人情報の保護に関する法律により守られます。
  7. 告発者・通報者は受付後において、氏名、所属及び連絡先等の秘匿を希望することができます。
  8. 告発者・通報者本人の許可なく氏名等を公表することはありません。ただし、悪意に基づく告発・通報の場合を除きます。
  9. 告発・通報したことを理由として、不利益な取扱いを受けることはありません。

処分方針

公的研究費の不正使用に加担又は協力したと認められた取引業者に対しては、一定期間の取引停止、業者名の公表、損害賠償請求等の措置を行います。

患者さんがよくご覧になられるページ